店舗デザインへの入り口

店舗デザインをするメリット

f2af3835443ac729f2b79094bc7c1356_s

店舗デザインについての基礎的な知識について書いています。

店舗デザインとはそもそも何か? それは文字の通りお店の設計やデザインを行うことですが、開業や改装をするにあたりどんなお店にするかというのをプロモーションやイメージ設計も踏まえて総合的に構築していくのが今の店舗のデザインの基本となっています。つまり、格好いい・おしゃれなお店を作るというだけではなく、どこにお店を立てたらいいかのリサーチや、商品を売り出すための効率的なデザインなど、「売れるためのデザイン」を考えるのが店舗デザインです。

お店の印象というのは商品や接客などの中身の面に加えて、店舗のデザインというものが非常に大きいです。お店の雰囲気が悪ければもちろん魅力は下がってしまうでしょう。お客さんの心をしっかり掴む、特に初めて訪れる人が思わず立ち寄りたくなるお店はこのデザインがものを言うことになります。

店舗デザインをするメリットとしては、プロが把握しているリサーチ上の統計や、心理的効果、成功実績を踏まえたデザインによって、個性的で魅力のある、人目を惹くお店によって購買意欲を高めるといった点です。改装するのであれば、今までのイメージを一変する最大のチャンスです。
店舗デザインはお店のオーナーの構想も重要ですが、以来する業者のセンスも非常に重要になってきます。業者によってモダンが得意だったり、和のテイストが得意だったり、大きい空間が得意だったり、それぞれに特徴があります。そして店舗デザインには専属のデザイナーがおり、要望するアイディアをもとに実際に形をにするのはそのデザイナーの力が最も大きいので、このデザイナーのセンスや考え方が合わなければ理想的な店舗デザインを叶えることは難しいでしょう。

そして店舗デザインにはターゲット層や立地条件の考慮が重要になってきます。むしろ外装を決める前にここから構築するのが普通です。閑静な住宅街にド派手な店舗デザインを作るわけにはいきませんし、環境の特徴を踏まえた店舗デザインにすることで売り上げも全然違ってきます。

売れるための店舗デザインというはずばり「わかりやすいお店」です。
売りたいものがはっきりしていて、接客がよくて、効果的な広告宣伝を行い、デザインも親しみやすい・あるいはコンセプトが明確なお店こそ人が集まってきます。
そしてスタッフやお客さんの動線を考えたデザインでないとコスト的にもマイナスになります。席数をどうするか、どれぐらいの在庫を抱えるか、見込めるお客さんの数を把握し、配置するスタッフの人数も決めることになります。

今は漠然としてイメージだとしてもプロの意見を求めることでより明確になるかもしれません。これから新規開店、そしてお店の改装をお考えの方は店舗デザイン会社に相談してみることをおすすめします。

店舗デザインでオシャレなお店を